豆蔵ホールディングス(3756)【4〜9月期の業績を上方修正、通期上方修正が濃厚に】

豆蔵HD  [3756] 東証マ部 時価:68000円

豆蔵ホールディングス(3756)に改めて注目したい。同社は7日大引け後に、13年3月期第2四半期累計(4〜9月)の連結業績予想の上方修正を明らかにした。
 それによると、従来予想の売上高38億円を44億6900万円(前年同期比80.2%増)へ、営業利益2億2000万円を3億5500億円(同89.8%増)へ、純利益2億4000億円を3億2200万円(同86.1%増)とそれぞれ増額した。
 主に情報サービス事業のビジネス・ソリューション部門で、大手事業法人向けの基幹システム再構築案件、デジタルコンテンツの著作権管理についてのコンサルティング、ソリューション提供の案件、またクラウド化やスマートフォンと連動したシステム構築の案件が堅調に推移いたことが寄与した。
なお、13年3月期通期連結業績予想については、現時点では従来の予想値の7億円(前期比34.2%増)を据え置くとしているものの、今後の動向次第によっては、更に上方修正の可能性が濃厚となっている。
PERは10倍台と割高感はないことから、年初来高値7万3400円(10月29日)奪回から一段高に進むことが予想される。
2012/11/08 7:50