日本車両製造(7102)【米国での車両受注が拡大、年初来高値369円が視野に】

日本車両  [7102] 東証1部 時価:309円

日本車両製造(7102)が出来高を伴い上昇基調を強めてきた。住友商事(8053)と共同でカリフォルニア州交通局から、準高速鉄道用2階建客車130両を受注したことが刺激材料となっている。
米国政府が打ち出した高速鉄道による景気刺激策の一環として実施される初めての鉄道車両調達案件。契約金額は約280億円ながら、オバマ大統領が再選されたことで、この景気刺激策は今後も継続することが予想され米国での受注が更に拡大することが期待されよう。株価は2月24日の年初来高値369円も視野に入ってきそうだ。
2012/11/13 11:35