フォスター電機(6794)【通期見通しの3度目の増額の可能性も】


フォスター電機  [6794] 東証1部 時価:1518円

音響・車載用スピーカーの専業で、海外生産が100%。足元、スマホ向けヘッドセットの需要が増加している。13年3期第2四半期累計(4〜9月)業績は売上高が前年同期比12.6%増の586.4億円、営業利益が同2.6倍の13.4億円となり、第1四半期決算発表時に下方修正された中間計画に対して、売上高は未達となったが、営業利益はわずかに上回った。
スマホや車載関連機器向け需要の堅調に加え、原材料であるレアアースの価格低下が寄与した。通期計画の営業利益は先に上方修正されているが、今回さらに10億円増額し63億円(前期比3.5倍)となる見通し。原材料価格の低下に加え、生産効率アップと歩留りの改善が寄与するようだ。スマホの普及拡大によって、ヘッドセットの数量増と高付加価値化が収益を押し上げ、通期見通しの3度目の増額修正の可能性もありそうだ。
2012/11/20 11:50