TOWA(6315)【スマホ向け設備投資追い風、PER7倍台と割安】

TOWA  [6315]大証1部 時価:513円

TOWA(6315)は、半導体後工程の製造装置大手で、モールディング(封止)装置では世界シェアトップ。また、パッケージなどのシンギュレーション(切断)装置なども手掛けている。13年3月期第2四半期(4〜9月)業績は売上高が前年同期比37.1%増の107億円、営業利益が同2.7倍の15.8億円、純利益は前年同期の3600万円の赤字から14.7億円の黒字転換となった。
特に第1四半期には台湾や韓国などの半導体メーカーがスマートフォンやタブレット端末向け製品の生産能力増強に動いたことが貢献した。第2四半期以降はこれらの地域の設備投資に一巡感が見られるが、通期計画に対する進捗率は営業利益で87.9%と高く、上振れ余地があろう。加えて、LED向けにコンプレッション方式のモールド装置の伸びが期待されるほか、中期的には高精度、高精細、高速度の次世代シンギュレーション装置の本格投入も寄与しそうだ。
株価は11月半ばに420円で底打ちして上昇に転じている。PER7倍台、PBR0.7倍台と割安水準となっている。