オカモト(5122)【自動車内装材は北米向け好調、信用倍率は0.68倍】

オカモト  [5122] 東証1部 時価:316円

オカモト(5122)は、11月12日に294円で安値を付けて以降、順調に反発軌道に乗ってきた。東証信用倍率は0.68倍と拮抗しており、需給面からも、さらなる上値が望めぞうだ。
 プラスチックフィルムや建装、産業資材を主力に、コンドームや靴、自動車内装材などへと多角的に事業を展開している。13年3月期に関しては、農業用フィルムやフレキシブルコンテナーが復興需要により増加しており、第2四半期累計で連結営業利益は前年同期比29.5%増の13億1900万円を計上、通期予想の30億円(前期比17.5%増)へ向けて不安は無さそうだ。自動車内装材も北米向けが好調でオハイオ工場が来期にも黒字化する見通しであることも支援材料となりそうだ。
2012/11/30 12:00