アクセル(6730)【業績再上方修正が濃厚、信用倍率は1.07倍と拮抗】

アクセル  [6730] 東証1部 時価:1997円

アクセル(6730)の株価は、下値切り上げパターンの推移をみせており、2000円に到達している。昨年3月高値の2400円台を目指す動きが期待できそうだ。直近の東証信用倍率は1.07倍と拮抗している。
同社は、遊技機器向けのグラフィックスLSI(大規模集積回路)を手掛けており、現在の主力製品「AG4」は3分間のXGA動画(約100GB)のデータを100分の1程度に圧縮し、瞬時に元に戻すことを可能とする極めて優れた能力をもつ。
 足元ではこの「AG4」への移行が進むことで業績は好調を維持しており、第2四半期決算発表時には、13年3月期業績見通しを連結経常利益で従来予想の21億円から25億円(前期比2.1倍)に上方修正している。ただ、経常利益ベースで上期の進捗率は86%に達し、研究開発費の増加を織り込んでも再上方修正の余地は大きい。
2012/12/14 8:00