東鉄工業(1835)【14年3月期以降再成長軌道に、耐震強化工事が拡大】

東鉄工業  [1835] 東証1部 時価:1113円

東鉄工業(1835)の13年3月期通期の業績は、前期比2%の減収、営業利益で50億円、24%減益予想となっている。これは、JR東日本からの発注が前年度の復興特需などの反動で好採算の受注高、完工高が減少するほか、人件費や資材費の高騰が工事採算の悪化をもたらすためだ。
とはいえ、業績低迷は今期限りで14年3月期以降、再び成長力を取り戻す見通し。JR東日本が耐震強化工事だけで今後5年間で3000億円を計画しており、同社の場合、これまでの実績などから毎期200億円前後の受注増につながるとみている。
このほか、保線専用の大型各種車両を有しており、整備新幹線の土木工事進捗につれ鉄道敷設工事の受注が本格化する。さらに仙台市地下鉄や京王電鉄、東武鉄道など新たな顧客層からの受注拡大も期待できるためだ。
株価は、1000円水準を超えてから急上昇をみせている。PERは13倍台と割高感はない。
2012/12/18 7:50