栗本鉄工所(5602)【高付加価値の耐震管需要好調、信用倍率は1.26倍】


栗本鉄工所  [5602] 東証1部 時価:311円

栗本鉄工所(5602)は、水道管やガス管などの鋳鉄管で国内2位。浄水場やプラントなどのバルブのほか、破砕機や混練機などの産業機械やプラントメンテナンスなどのエンジニアリング事業も手掛る。13年3月期第2四半期(4〜9月)は売上高が前年同期比7.5%増の456.4億円、営業利益が前年同期の2.7倍の26.3億円となった。
パイプシステムでは耐震鋳鉄管が横ばいながら、バルブが電力、鉄鋼分野向けに伸びたほか、海外向け高機能バルブが好調だった。機械システムも海外向け鍛圧機の増加に加え、化学装置部門の大型案件や二次電池関連プラントが寄与した。利益面は増収による増益に加え、原価改善が奏功した。通期見通しは先に営業利益と経常利益が上方修正されているが、上期上ぶれ分に満たない修正となっており、保守的な見通しといえよう。首都直下型地震や東南海地震のリスクが叫ばれる中、高付加価値の耐震管需要は今後も拡大傾向が続きそうだ。
株価は、12月に入って年初来高値を更新している。東証信用倍率は1.26倍と拮抗している。
2012/12/20 8:10