栗本鉄工所(5602)【業績再増額が濃厚、年明けと同時に上放れ鮮明】

栗本鉄工所  [5602] 東証1部 時価:341円

栗本鉄工所(5602)に注目。同社は、水道管やガス管などの鋳鉄管で国内2位の大手。浄水場やプラントなどのバルブのほか、破砕機や混練機などの産業機械も手掛けている。12年4〜9月期連結決算は、売上高456億円(前年同期比7.5%増)、営業利益26億3500万円(同2.7倍)となった。
 耐震鋳鉄管は横ばいながら、バルブが電力、鉄鋼分野向けに伸びたほか、海外向け高機能バルブが好調推移している。機械システムも海外向け鍛圧機の増加に加え、化学装置部門の大型案件や、二次電池関連プラントが寄与した。利益面は増収効果に加え、原価改善が奏功。通期見通しは先に営業利益と経常利益が上方修正されたが、上期の上ブレに満たない修正のため、再増額が濃厚となっている。国土強靭化計画への期待から公共投資関連への先高期待は強い。株価は、300円台で値固めを完了後、年明けと同時に上放れを鮮明にしている。
2013/01/09 8:40