ニューフレアテクノロジー(6256)【次世代機の受注に期待、PERは8倍台】

ニューフレアテクノロジー  [6256] 大証JQ部 時価:612000円

ニューフレアテクノロジー(6256)は、東芝機械から分社化した半導体製造装置メーカー。電子ビームマスク描画装置で世界シェアトップ。受注額は13年3月期の第2四半期(7〜9月)実績推定の39億円に対し、第3四半期39億円、第4四半期120億円と急拡大が見込まれる。
早ければ、第4四半期には次世代機の受注の可能性がある。ニューフレアの現主力製品EBM−8000は世代向けで、二重露光向けである。
次世代機への移行は業績にプラスと考えられる。1台当たりの装置単価が上昇するからである。実際に、EBM−6000は約15億円、EBM−7000は約20億円、EBM−8000は約30億円と上昇し続けていると我々は推定している。株価は上昇しているものの、PERは8倍台と依然割安水準にある。
2013/01/10 7:55