近畿車両(7122)【来期以降の受注回復に期待、PBR0.6倍台】


近畿車両  [7122] 東証1部 時価:302円


近畿車両(7122)の株価は、昨年11月半ば以降ジリ高歩調を継続していたが、ここにきて上放れが鮮明となってきた。
同社は鉄道車両大手で、国内外での受注獲得などのニュースフローが株価を刺激する特性があります。PBR0.6倍台と指標面の手掛けやすさも買い支援材料のひとつ。
同社は、丸紅(8002)、東芝(6502)と共同で、ベネズエラから鉄道車両52両を共同受注したと報じられている。受注総額は約120億円という。同国政府は地方都市を含めた鉄道整備を計画しており、新たな受注につなげる考えだ。13年3月期は、国内外からの鉄道車両受注が端境期に当たり、大幅な減収減益を強いられている。ただ、来期以降の受注回復に期待が寄せられている。
2013/01/10 8:00