GSIクレオス(8101)【カーボンナノチューブを製品化、PER7倍台と割安】


GSIクレオス  [8101] 東証1部 時価:127円

 GSIクレオス(8101)に注目。日足で下値を切り上げており、月足の一目均衡表では雲(抵抗帯)の中に突入するタイミングとなっている。13年3月期連結業績は、前期比横ばい見通しながら、時価で試算したPERは7倍台、PBR0.6倍台と極めて割安水準にある。
同社は、ナノテクノロジーの中心材料である「カーボンナノチューブ」の研究開発を行い、その製品化に成功している。高強度軽量複合材料、次世代エネルギーデバイスへの応用などをベースに、ナノテクノロジー開発は環境・省エネルギー・次世代エネルギー分野へと展開している。
ここにきて、レナウン(3606)、住江織物(3501)など繊維株の一角が昨年来高値を更新している。出遅れ銘柄の一角として上放れのタイミングが近そうだ。
2013/01/16 7:50