日新電機(6641)【14年3月期は業績急回復へ、スマートフォン製造装置が寄与】

日新電機  [6641] 東証1部 時価:472円

日新電機(6641)は、スマートフォン製造に用いられるイオン注入装置や、太陽光発電用パワーコンディショナー(直流―交流変換装置)の貢献などで13年3月期を底に業績回復が予想される可能性が高い。
 1月29日に発表された12年4〜12月期の連結業績は、売上高が、前年同期比横ばいの674億円、競争激化で営業利益は同38%減の18億円となった。ただ、スマートフォン製造装置やパワーコンディショナーは、来期の14年3月期以降、本格的に収益に寄与する可能性が高まっている。
 株価は、昨年12月26日の安値433円、1月29日の安値434円で2番底を付けて反発に転じている。PERは13倍台、PBR0.8倍台と割高感はない。
2013/02/04 7:25