モリタホールディングス(6455)【来期は3期連続の営業最高益の可能性】

モリタHD  [6455] 東証1部 時価:798円

モリタホールディングス(6455)は、消防車国内トップで消火器でも大手。産業機械や塵芥車にも展開しているほか、傘下のミヤタで自転車も手掛けている。1月31日発表された13年3月期第3四半期(4〜12月)決算は売上高が前年同期比7.2%増の419億円、営業利益が同30.%増の31.7億円となった。
主力の消防車は自治体からの受注が好調で、中でもはしご車や泡消防車など高付加価値の機種が伸びているようだ。加えて、消火器は昨年11年1月に施行された規格改正によって、買い替え需要が高まっているほか、スプリンクラーと同等以上の消火性能を持つパッケージ型自動消火設備『プリネックス』もマンション向けなどに好調。通期見通しは12月下旬に上方修正されており、売上高は前期比6.8%増の680億円、営業利益は同18.3%増の60億円と過去最高を見込む。
来期は自治体の財政難から消防車の伸びは鈍化すると見られるが、引き続き消火器の伸びが期待され、3期連続の営業最高益の可能性がありそうだ。
2013/02/05 7:55