アサヒホールディングス(5857)【13年3月期通期利益予想を増額、配当利回りは3.4%と高水準】


アサヒホールディング  [5857] 東証1部 時価:1758円

 アサヒホールディングス(5857)に注目。同社の13年3月期第3四半期(10〜12月)の業績は、売上高228億7900万円(前年同期比43.3%減)、営業利益21億400万円(同10.4%減)となった。主力の貴金属リサイクル事業は厳しい事業環境にあり、回収量の減少で減収減益となったが、収益性の高い歯科材料や写真感材からの回収量が堅調に推移し、同事業の営業利益率は直前四半期比で1.8ポイント改善の7.9%に回復している。
会社側は、13年3月期通期利益計画の上方修正も発表している。営業利益予想を51億円(前期比54.5%減)から74億円(同34.0%減)へ、純利益予想を28億円(同52.8%減)から45億円(同24.1%減)へそれぞれ増額した。貴金属リサイクル事業における金属回収量は厳しいものの、金属市場価格は高水準で推移し、金属の平均販売単価が想定を上回って推移している。
同社では、13年1月に台湾の精密洗浄最大手企業との合弁会社を設立するなど、海外事業の展開を加速させている。また、国内事業では、エレクトロニクス関連企業の生産工程で発生する端材や廃基板から貴金属リサイクルを行うEスクラップ事業の採算性向上に積極的に取り組んでいる。
 株価は、通期業績の上方修正発表を受けて動意含みとなり、1700円台に乗せている。予想配当利回りが3.4%と高水準なことも買い支援材料となりそうだ。
2013/02/12 8:45