JSR(4185)【合成樹脂は自動車向け好調、25日線を割り込まずに推移】

JSR  [4185] 東証1部 時価:1860円

JSR(4185)の13年3期第3四半期(4〜12月)の業績は売上高が2753億円(前年同期比6%増)、営業利益が249億円(同14%減)。セグメント別の営業利益はエラストマー事業が116億円(同22%減)、多角化事業が109億円(同12%減)、合成樹脂事業が23億円(同36%増)。エラストマー事業は高値の原材料在庫を使用したことで、減益となった。
ただ、販売自体は堅調で合成ゴムの販売数量は同6%増。特にS-SBRが同10%超伸びた。多角化事業はPC向けの苦戦を、スマートフォンやタブレット端末向けでカバーした。収益はミックス悪化と、先端材料の増産に伴う先行投資などで減益となった。唯一増益となった合成樹脂事業は自動車向け部品の販売増に加え、価格転嫁が進んだ。
 株価は、昨年11月以降一貫して上昇軌道で、25日移動平均線を割り込まずに推移している。
2013/02/19 7:55