日本コンセプト(9386)【シェールオイル関連として注目、今期2ケタの増収増益を予想】


日本コンセプト  [9386] 大証JQ部 時価:1185円

日本コンセプト(9386)に注目。同社は、タンクコンテナを用いた化学品、薬品、食品材料など液体物流サービスの提供を手掛けている。
 ここにきて、原発再稼働が困難を極める中、次世代エネルギーとして注目を集めているシェールガス、シェールオイル関連銘柄として見直し機運が高まってきた。
タンクコンテナの強みは、ドラム缶やタンクローリー車に比べて大量輸送が可能であるうえ、繰り返し使用することができることにある。また、コンテナ船やトラックおよび鉄道などを組み合わせた複合一貫輸送を行うことにより、ドアトゥドアで液体物流サービスを提供できることにあり、シェールガス、シェールオイルの輸送に適している。
 13日に発表された同社の12年12月期の連結決算は、売上高73億3100万円(前の期比1.9%減)、営業利益10億1200万円(同19.6%減)の減収減益となったものの、今期の13年12月期は、売上高82億5000万円(前期比12.5%増)、営業利益13億8000万円(同36.3%増)と、一転して2ケタの増収増益を見込んでいる。
 株価は、決算発表以降動意含みとなっているものの、PERは8倍台と依然として割安水準にある。
2013/02/21 7:50