共立メンテナンス(9616)【新規稼動施設が寄与、積極的中期を評価】

共立メンテナンス  [9616] 東証1部 時価:2424円

共立メンテナンス(9616)は、学生寮や社員寮などの寮事業とビジネス・リゾートホテル事業を2本柱としている。また、シニア向け住宅や研修施設、地方自治体からの施設運営受託なども手掛けている。
同社の13年3月期第3四半期(4〜12月)は、売上高が前年同期比8.3%増の705億円、営業利益が10.9%増の45.9億円となった。ホテル事業が新規稼動施設の寄与や想定を上回る稼働率によって業績を押し上げた。足元の好調を受けて、通期計画は営業利益で2.3億円増の63.6億円、純利益は4億円増の27.9億円に上方修正された。また、同社は前期から2016年3月期までの5カ年の中期経営計画を推進中で、最終年度の売上高1350億円(今期計画比35%増)、営業利益110億円(同73%増)を目指している。
株価は、上昇を続けた後高値圏での持ち合いとなっている。PERは15倍と割高感はない。
2013/02/21 7:55