マツモトキヨシHD(3088)【粗利益率改善が大幅に改善、PERは12倍台と割高感なし】


マツモトキヨシ  [3088] 東証1部 時価:2540円

マツモトキヨシホールディングス(3088)の13年3月期第3四半期累計連結決算は、効果的な販促による大幅な粗利益率改善と九州エリアの収益改善により、第3四半期のみの連結営業利益は、前年同期比20%増の好調推移となった。
同社は以前、ポイント販促が収益性悪化を招く傾向があったものの、最近は、ダイレクトメールや、店頭クーポンなどの活用により、効果的な販促施策を実行、収益改善につなげてきた。
また、九州エリアの収益改善についても、グループ再編によるエリアドミナント化、地域販社化の流れ、並びに不採算店の閉鎖を推し進めたことにより成果を上げている。
また、花粉飛散や微小粒子状物質「PM2.5」の飛来観測などを背景に、マスクなどの対策関連商品の販売増の可能性も見込まれている。
株価は、2月に入って上昇が加速しているものの、PERは12倍台と依然として割高感はない。
2013/02/26 7:55