伊藤ハム(2284)【来期以降は引き続き構造改革効果が寄与】

伊藤ハム  [2284] 東証1部 時価:463円

伊藤ハム(2284)は、三菱商事系でハム・ソーセージ業界2位。13年3月期第3四半期累計(4〜12月)業績は売上高が前年同期比2.3%減の3425億円、営業利益が同36.1%増の70.8億円となった。ハム・ソーセージは歳暮ギフト中心に好調だったが、食肉は上期の相場低迷が響いた。
一方、利益面では在庫管理の徹底や製造コストの低減などによる構造改革が寄与し、収益の大幅改善につながった。通期見通しは据え置かれたが、営業利益計画(66億円:第4四半期は例年営業赤字)は若干未達となる懸念があるようだ。ただ、来期以降は引き続き構造改革効果が継続すると見られ、増益基調が続こう。なお、下期の自社株買い(500万株、20億円を上限)は2月28日現在で475.6万株、18.6億円分を取得済み。信用取組0.42倍と売り長状態にある。

2013/03/06 08:40