ビットアイル(3811)【メガソーラー施設が2月からメガソーラー施設が2月操業、高値更新で新波動へ】


ビットアイル  [3811] 大証JQ部 時価:1244円

都市型データセンター運営のビットアイル(3811)に注目。同社は、昨年1月につけた高値を更新し新波動形成が期待できそうだ。同社が5日に発表した第2四半期累計(12年8〜13年1月)連結決算は、営業利益が15億9400万円(前年同期比20%増)と期初予想の14億円を上回って着地した。ITサービス事業者を中心に高採算のクラウドサービスの利用が増えており、第3データセンターB棟開設による減価償却費増を吸収した。
 1月に顧客都合で大口解約が発生したが、米アマゾンのクラウドサービスとの接続を可能とするサービスを開始したことで顧客層が拡大しこれをカバー。15年7月期に営業利益46億円を目標とする中期計画を上回るペースで業績拡大中だ。また、広島県のメガソーラー施設が2月操業を開始、6月には施設を拡張する計画だ。
2013/03/19 7:50