古野電気(6814)【魚群探知機が好調、もみあい状態から上放れへ】



古野電気  [6814] 大証1部 時価:583円

古野電気(6814)は、魚群探知機や電子海図情報表示システムなどの船舶用電子機器大手。また、GPSチップは車載用ばかりでなくデジカメや地殻変位計測などに用いられているほか、生化学分析装置など医療分野にも展開している。13年2月期第3四半期(3〜11月)業績は商船市場や中大型艇を中心とするプレジャーボート市場の伸び悩みに加え、医療分野の生化学分析装置も需要一服で減収営業減益となった。14年2月期は商船向けが依然厳しいものの、漁業用が国内、東南アジア、北米向けなどに堅調が予想される。また、プレジャーボートも円安や資産効果で回復が見込まれよう。
株価は、1カ月以上続いた500円手前の小幅なもみあい状態から脱して、3月半ば以降上昇に転じており、今後も上昇が加速しそうだ。
2013/03/28 7:45