日本水産(1332)【14年3月期の業績回復へ、押し目買いの好機】


日本水産  [1332] 東証1部 時価:182円

13年3月期の営業利益は、会社予想60億円を上回る65億円を予想する。営業利益は前期比32.0%減となるが、前年伸長の反動が響いた上期(前年同期比で54.2%減)に対し、下期は前年同期比12.2%増と営業増益を見込んでいる。
14年3月期の業績は、13年3月期の上期に計上した養殖トラウト(ニジマス)の評価損の反動や、チリ産銀鮭の販売採算悪化からの回復もあり、回復に転じるとみる。国内食品事業は、円安に伴うコストアップにより停滞する見込みだが、水産事業の回復で吸収可能と考える。14年3月期の社業績予想も、増益基調となる見通しだ。
株価は、業績の下方修正を嫌気して180円まで下落しており、押し目買いの好機となりそうだ。
2013/03/29 7:55