フロイント産業(6312)【機械部門の海外大型案件寄与、今期営業益37%増】

フロイント産業  [6312] 大証JQ部 時価:1600円

フロイント産業(6312)は、医薬品や食品の製造工程などで用いられる造粒・コーティング装置で国内シェア約7割、世界でも3位を占める。コーティング装置の機械部門と、医薬品添加剤や食品保持剤などの化成品部門が2本柱。
13年2月期業績は機械部門の海外大型案件寄与や化成品部門の機能添加剤、栄養補助食品部門の好調などを背景に、売上高が前年比8.9%増の166億円、営業利益が同36.1増の14.5億円を見込んでいる。決算発表は4月10日予定。なお、同社は14年2月期を最終年度とする中期計画を推進中で、売上高200億円(前2月期予想比20.5%増)、営業利益20億円(同37.9%増)を目指している。
機械部門ではジェネリックメーカーを中心に医薬品業界への拡販に務める一方、化成品部門では食品業界向けの深耕とアジア市場の本格開拓を推進していく。
2013/04/02 7:45