ファーマフーズ(2929)【ニワトリを使う抗体医薬品の開発目指す】

ファーマーフーズ  [2929] 東証マザーズ部 時価:74100円

ファーマフーズ(2929)に注目。同社は、機能性食品素材を開発、食品メーカーなどに販売するバイオベンチャー。同社が出資して2007年4月に設立した広島大学発のバイオベンチャー「広島バイオメディカル」の研究に期待が寄せられている。「マウスに代わる抗体作製技術として、ニワトリを使う」というユニークな創薬手法の開発を進めている。マウスの抗体技術では困難な標的に対する抗体を作製している。
既に製薬企業数社から案件を受託、今後は有望な標的抗原を持つアカデミアと連携し、抗体医薬品の開発を進めていく。
更に、同社は麹(こうじ)に血栓を溶かす効果を確認し、麹から有用な成分を抽出した粉末を開発した。血管内に血栓ができて血流が悪くなる心筋梗塞などの血栓症の予防に効果が見込めるという。今夏にも医薬品や健康食品を製造するワキ製薬に粉末を供給し、サプリメントなどとして販売する予定です。
そして先日、株式の分布状況改善及び流動性向上を目的として1000株の株式立会外分売を行ったのは、近い将来東証一部に上場を目標にしていると思われます。
株価は、3月27日に年初来高値8万8900円を付けて以降、ミニ調整局面となっていたが、4月2日に25日移動平均線を下支えに反発に転じている。