ユーグレナ(2931)【ミドリムシで健康食品や化粧品からエネルギー分野まで大活躍】

ユーグレナ  [2931] 東証マザーズ 時価:4530円

ユーグレナ(2931)は、ミドリムシに関する研究・開発を行う東京大学発のベンチャー企業で、食料品向けなどへの販売増から足もとの業績は黒字が定着している。将来的にはエネルギー分野などへの活用も期待されている。
世界で初めて微細藻ユーグレナ(ミドリムシ)の大量培養に成功したバイオベンチャーで、健康食品や化粧品のほか、JX日鉱日石エネルギー、日立プラントテクノロジーとバイオ燃料への研究開発も行い、飼料や航空機燃料、環境浄化など幅広い分野への可能性を期待した買いが続いている。
ミドリムシは栄養素が豊富な微細な藻類で、乳幼児や母親の栄養不足が問題となっている新興国では、現地の保健機関や非政府組織(NGO)などと協力して栄養補助食品の事業化調査をスタートしている。
4月以降、株価は4000円台前半での推移となっているが、ここからの一段高が期待できそうだ。