エア・ウォーター(4088)【産業ガスの販売数量が増加へ、PER16倍台と割高感はない】


エア・ウォーター  [4088] 東証1部 時価:1488円

エア・ウォーター(4088)の13年3月期・第3四半期(4〜12月)業績は、売上高が3911億円(前年同期比8%増)、経常利益が241億1600万円(同4%増)となった。産業ガスは苦戦したが、医療や食品などの非産業ガス事業は堅調に推移した。通期業績への進捗率は売上高が72%、経常利益が69%。ほぼ前期並みの水準。
産業ガスは鉄鋼や自動車、化学、太陽電池などの大口顧客向けの販売数量が減少した。一方で人工呼吸器や治療機器レンタル、医療用ガス、冷凍食品、食品物流、海水事業、野菜・果汁飲料製造のゴールドパックの新規連結効果で産業ガスの不振をカバーした。
14年3月期は、円高是正や景況感の回復で、産業ガスの販売数量が増加に転じることになる。さらに関東天然瓦斯開発の持分法適用会社化や、テルモから事業譲渡した在宅酸素・輸液ポンプ事業、医療機器の物品管理やジェネリック薬の販売を手掛けるヘルスケアテック社の買収効果も見込めそうだ。
株価は順調な上昇軌道で推移している。PERは16倍台と割高感はない。
2013/04/24 7:45