古野電気(6814)【電子海図情報システムの需要継続、PERは依然として12倍台】


古野電気  [6814] 大証1部 時価:799円

古野電気(6814)は、船舶用電子機器市場で、世界シェア2割のトップ企業。制度変更によって今後、船舶用電子機器の需要拡大が見込まれる。国際航海に従事する500トン以上の客船、3000トン以上のタンカーなどに対して、12年7月からECDIS(電子海図情報システム)を搭載することが義務付けられたためだ。
これにより業界全体で14〜18年にかけて300〜400億円程度の需要が発生すると見込まれる。この制度変更による需要顕在化と円安メリットにより、営業利益は14年2月期に前期比89%増益が見込まれる。為替による感応度は、営業利益段階で、1ドル1円の円安で年1億1000万円の増益要因、1ユーロ=1円の円安で同5000万円の増益要因と試算される。
株価は、業績好調を映して上放れを鮮明にしているが、PERは依然として12倍台と割安水準にある。
2013/05/02 8:05