日本航空電子工業(6807)【14年3月期は28%増益、PERは11倍台と割安】

日本航空電子  [6807] 東証1部 時価:836円

日本航空電子工業(6807)は、NEC系のコネクターの大手で、自動車や通信向けが主力。13年3月期決算は、前の期比15.3%増収、31.9%営業増益と好調だった。主力のコネクターはスマートフォンやタブレットパソコンなどの通信機器や自動車分野向けに堅調に推移した。グローバルマーケティングと新製品開発活動に加え、積極的な生産設備の増強投資を行って、内製化・自動化を進め、コストダウンと生産効率化を図ったことが奏功した。
14年3月期は、前期比15.7%増収、同27.9%営業増益と前期に続き2ケタの伸びを見込む。国内のエレクトロニクス市場は依然厳しさが残るものの、海外を中心にスマートフォンやタブレットパソコン、自動車向けの市場拡大に加え、設備投資関連需要の拡大が期待される。為替前提は1ドル=90円で、1円の円安は4億円の増益要因となり、保守的な見通しと言えそうだ。
株価は、4月25日に年初来高値921円を付けて以降反落に転じている。時価は800円台前半まで調整したことでPERは11倍台まで低下しており、そろそろ仕込み好機を迎えることになりそうだ。
2013/05/07 7:35