テレビ朝日(9409)【視聴率好調を持続、14年3月期も増収増益見通し】

テレビ朝日  [9409] 東証1部 時価:2174円

テレビ朝日(9409)の13年3月期連結決算は、売上高が2537億円(前の期比5.8%増)、営業利益134億円(同28.2%増)と大幅な増収増益を達成した。営業利益は、会社予想120億円を上回りポジティブな水準となった。主力の放送収入はスポット広告が前期比5.0%増、タイム広告が6.3%増となった。スポット広告収入の東京地区での同社のシェアは12年3月期の21.5%から13年3月期22.2%に上昇(会社側見込み)した模様だ。視聴率好調が収入面での競争力アップに結び付いた点などを高く評価できる。
テレビのスポット広告の東京地区投下(在京民放キー局5社合計)は、4月が前年同月比約5%減、5月が10〜15%減のペースで推移している模様。一方、視聴率好調を背景に同社のスポット収入は、4月が約2%増、5月は2〜3%増と健闘をみせている模様だ。
14年3月期の連結業績については、売上高2600億円(前期比2.5%増)、営業利益140億円(同4.4%増)、純利益95億円(同5.2%増)と増収増益を見込んでいる。株価は4月2日の安値1660円で底打ちを確認し上昇トレンドを形成している。
2013/05/09 7:45