ユーグレナ(2931)【2030年バイオジェット燃料の実用化目指す】


ユーグレナ  [2931] 東証マザーズ部 時価:13660円

世界で初めてミドリムシの屋外大量培養技術の確立による事業化に成功し、既に食品として収益に貢献しているミドリムシだが、3月末に政府の総合科学技術会議が次世代エネルギー政策の重点分野9項目の中で「藻」の活用が掲げられている。ユーグレナ社では2009年に沖縄電力の協力で、石炭火力発電所の排出ガスを用いてミドリムシを培養する実証試験を実施し、発電所の排出ガスを通気してもミドリムシは培養可能との結果を得た。現在、住友共同電力と共同で、排出ガスを通気したミドリムシの二酸化炭素固定化能力の評価を行い、将来的には商業化を目指している。また、バイオジェット燃料の研究にも注力しており、複数の企業や大学の協力の下プロジェクトを推進している。今日14日に今9月期第二四半期業績を発表する。そして今年3月に実施した1対5の株式分割の権利落ちを短期間で埋めきるなど、株価パフォーマンスは驚異的であるので、今後に期待がもてる。
2013/05/14 7:50