セガサミーホールディング(6460)【今期経常は3,4倍増益へ】

セガサミーホールディング  [6460] 東証1部 時価:2844円

セガサミー(6460)は5月10日に、13年3月期の連結業績で経常64%減の209億円となったものの、今期はパチスロ主力製品投入による販売台数増加ヤ、アミューズメント施設事業も新規領域への積極展開を図ったり、コンシューマ事業のパッケージゲーム分野では、発売が予定されている次世代ゲーム機への対応も予定して、パッケージ販売本数は、米国、欧州、日本で合計1,166万本を見込んでいる。デジタルゲーム分野では、携帯電話、スマートフォン、PCダウンロード等の開発を強化して、環境変化に適応ウした体制への転換を図っております。この結果、14年3月期の売上は4850億円(51%増)、経常720億円(244%増)、当期利益470億円(40,5%増)と大幅な増収増益を見込んでいる。
又、複合リゾート事業に於いては、韓国パラダイスグループと合弁で韓国仁川空港隣接地でのカジノ事業を予定している。更に、釜山広域センタムシティでの複合リゾート事業の計画に320億円を投入して、平成16年9月開業を目指している。安部政権の今度の成長戦略会議でもカジノ合法化の検討を盛り込んでいることから、今後の成長が約束されてきた。株価は順調な上昇波道を描いており、更に上値が見込まれる。
2013/05/15 8:25