テイクアンドキヴ・ニーズ(4331)【14年3月期も既存店の確実な伸長とBW社の通年寄与で順調に推移

テイクアンドキヴ・ニーズ  [4331] 東証1部 時価:19,150円

T&G(4331)の13年3月期の売上高は過去最高の525億円、当期利益は140%増の10,86億円と上方修正を更に上回り増収増益を達成した。直営店の取扱組数は過去最高で、単価も好調に推移し、海外・リゾートウェディングの売上も拡大し、更にホテルの婚礼事業は、提携先が拡大し、プロデュース型の売上も伸び、有利子負債も34億円減少した。14年3月期も既存店の確実な伸長とBW社の通年寄与することに加えて、新規出店やホテル提携数の拡大や収益構造改革の実施により、売上高580億円、営業利益34億円(20%増)、当期純利益15億円(38%増)を計画している。現在、自社株買い(12000株・総額2億円)を5月13日〜6月21日まで実施中である。又、野村証券が共同名義で73,487株(5.63%)、JPモルガンアセットマネジメントが86,446株(6,62%)の大量保有報告書を提出していることから注目される。更に、9月30日最終で1株を10株に分割することを発表している。
2013/05/23 7:45