アドバンスト・メディア(3773)【有力ファンドも投資!M&Aで大躍進!】


アドバンスト・メディア  [3773] 東証マザーズ部 時価:181,000円

音声を認識し自動的に文字に変える。コールセンターや会議室、携帯電話でニースが高まっている「音声認識」技術で先駆的な会社がアドバンスト・メディア(AMI)である。
同社の音声認識技術「AmiVoice」には膨大な開発コストを要することから、2005年の上場以来、業績面で経常赤字が続いていたが、前3月期はようやく経常利益が2,5億円の黒字に浮上した。となると、今14年3月期は、いよいよ上場以来初の営業黒字が期待できたが、黒字化は先送りされることになりそうだ。有力投資ファンドのウィズパートナーズが出資を決めたためだ。総額60億円という資金を活用し、音声認識の精度向上に向けた研究開発費の投入や、M&Aといった手を打つことになったからである。調達する60億円の使い道で大きいのが、協業・連携分野での51億円と金額が突出している。これは、顧客ベースを持っている会社や、アプリケーション、開発リソースなどの会社と既に話を進めている状況が考えられる。更に、今後アジア市場の開拓に強い意欲を見せていて、水面下で話が進行中であり、近いうちに具体的な話が聞こえるでしょう。
又、米国には医療分野では米国で1位のMモーガンという強力なパートナーを築いているので、自然言語処理、人工知能などを使うサービスでも協業していくことが出来る。株価は5月15日の高値293、500円から調整しているが5日移動平均線(180、380円)と25日移動平均線(181、012円)がゴールデンクロスし、日柄調整も済んで、いよいよ上昇局面に入ってきたアドバンスト・メディア(AMI)の将来性に賭けてみたい。
2013/06/05 7:40