メディネット(2370)【IPS細胞で新たなガン免疫療法にメド!】

メディネット  [2370] 東証マザーズ部 時価:62,000円

昨日、和歌山県立医科大が樹状細胞をマウスのIPS細胞をもとに大量に作ることに成功した。これまでは、免疫力を高めてがん細胞を抑え込む免疫療法は「第4のがん治療法」として、患者から取り出した免疫細胞を培養して体内に再び戻す「免疫細胞療法」が一部の医療機関で実施されている。免疫細胞を体外で培養して体内に戻す手法では十分な量を確保できずにいたが、無制限で増えるIPS細胞を作って再びT細胞に戻せば、大量の細胞を得られるようになる。IPS細胞を有効に使えば、新たながん免疫療法の開発につながる可能性があり、メディネットは免疫細胞治療を実施する為に必要となる技術・サービスを包括的に提供できる「免疫細胞療法綜合支援サービス」のバイオベンチャー企業です。更に、6月26日に新規上場する人気バイオベンチャー「リプロセル」の株主であり、益々目が離せない。
2013/06/12 7:50