サン電子(6736)【M2M(機器間通信)市場拡大で業績アップ!】

サン電子  [6736] 大証JQ部 時価:2250円

サン電子(6736)が高値を更新しているが、同社の高成長の牽引車は「セレブライトのモバイル端末用フォレンジック装置」「ルーターブランド製品(M2M市場向け機器)」「スマホ向けコンテンツ配信」「新規に立ち上げたセンサー事業」の4点である。特に、セレブレイトに関しては、携帯端末買い替え者のデータ転用サービスとして販売されていたが、今や犯罪捜査の必須ツールとしても存在感を高めている。また、M2M市場向けのルータは、ドコモ回線を利用するサードバーティの汎用機で国内シェアトップ。M2Mの世界市場は12年度の1300億円に対し、17年度に8700億円に拡大するとの予測である。同社は国内首位の地位を維持しつつ、遠隔操作M2Mクラウドソリューションサービスの事業化、グローバルSIMベンダー等と組んでの海外展開などを推進する意向。更に、スマホ向けコンテンツ配信は、引き続き女性向けゲームを中心に展開している。15年3月期にはパチンコ関連とIT関連の売上比率を各50%に持っていき、売上高を260億円の目標を立てている。
2013/06/17 7:45