瑞光(6279)【中国・東南アジアの紙オムツ需要拡大で大幅増益が続く!】



瑞光  [6279] 大証2部 時価:7,200円

瑞光(6279)は紙オムツ・生理用ナプキン製造機械の専門メーカーで、国内シェア9割を占める。世界レベルでは、イタリアや米国の大手企業、中国企業などと競合するが、蓄積された技術力とユーザーが求める独自の仕様に対応できるカスタマサイズ能力で高い評価を得ている。ユニチャーム(8113)や花王(4452)を始め、内外に幅広く顧客を抱える。同社は21日に決算を発表。14年2月期第1四半期(3−5月)の連結経常利益は前年同期比5,6倍の14億円に急拡大し、3−8月期(上期)計画の19,3億円に対する進捗率は72,6%となり、5年平均の69,7%とほぼ同水準だった。3−5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の4,7%から20,7%に急改善した。日系大手紙オムツメーカーが中国・東南アジア地域において増産姿勢を強めていることも追い風になり、主にアジア圏で拡大する需要を取り込みながら足元の受注は高水準で推移している。今秋にはブラジル工場が稼働を開始する予定である。
2013/06/24 7:55