クラスターテクノロジー(4240)【パルスインジェクターが再生医療に採用か!】


クラスターテクノロジー  [4240] 大証JQ部 時価:50,900円

クラスターテクノロジー(4240)の押し目に再度注目してみたい。同社が6カ年以上の歳月をかけて開発した、パルスインジェクターが、ナノテク、バイオ、エレクトリニクスなどの分野で高い評価を受けている実例を紹介します。1)大阪大学大学院の明石満教授と松崎典弥教授が、同社の「PIJ」を用いて細胞をタンパク質で積層する技術を開発して、この技術は医療再生に利用されている。従来、大学と進めてきた人工皮膚プロジェクトに関して、真皮、中皮、表皮に変わる生体材料に「PIJ」により、培養した皮膚細胞を正確に並べることにより、人工皮膚をつくり、薬効評価等に活用するものであり、再生医療への重要な技術となっている。この度、IPS細胞の本格治療が認可されたことにより、同社の「PIJ」が益々、必要となってくるのは間違いないでしょう。ちなみに、同社製品は大阪大学、京都大学、名古屋大学、産業技術総合研究所等に納入されている。
2013/06/28 8:25