カネカ(4118)【「切らない」医療機器に商機!テルモと共同開発へ】

カネカ  [4118] 東証1部 時価:655円

医療機器大手が大がかりな切開手術をせずに治療できる機器を相次ぎ投入する。カネカ(4118)とテルモ(4543)は抹消血管用PTAバルーンカテーテルに関する共同開発契約を締結した。同社は高分子材料の成形・加工技術をベースに冠動脈疾患及び抹消動脈疾患のバルーンカテーテルを各種ラインアップしており、その性能は国内市場で高い評価を受けている。今回の契約は両社で製品開発を行ったものは、当社が製造し、テルモが米国をはじめグローバルで販売を展開する事になって、2014年度に米国市場向けに供給を開始し、順次、地域及び供給製品・品種を拡大し、2018年度に年間28万本の販売を目指すとなっている。同社は健康分野を重点分野としているので、当社ブランドでの販売に加えて、国内外に充実した販売網を有するテルモにOEM供給することで、グローバル展開を加速するとともに更なる拡販を目指すことになる。業績面では、建材などに使われる特殊樹脂や、機能性食品素材「コエンザイムQ10」が国内外で好調。円安も追い風で、電子基板材料や太陽電池も採算が改善し、純利益が60%増となる。
2013/07/02 7:35