リプロセル(4978)【IPS細胞の大本命がデビュー!】

リプロセル  [4978] 東証マザーズ部 時価:17,980円

リプロセル(4978)は6月26日に上場したが、2日間値がつかず、28日にようやく即日現金条件つきで17、800円で寄りついた。出来高は347万株。2日目は338万株。昨日は400万株と3日間で1、085万株の出来高となり、上場時の発行済み株式数株、約830万を軽くオーバーした。この3日間でベンチャーキャピタル等や公募株の売りをこなして、いよいよ本格上昇に入る可能性が高くなってきた。リプロセルはヒトIPS細胞、及びES細胞の技術を基盤とする企業で、山中教授のIPS細胞に関連した事業のなかでも中核を占める企業として早くから注目を集めていた。
山中教授のヒトIPS細胞の研究開発が具現化するのは今からで、リプロセルの高い潜在的成長率が人気要素となる。ニューフェースながら今後のバイオ関連の指標銘柄となっていくことでしょう。
2013/07/03 7:35