【お知らせ】クラスターテクノロジー(4240)

本日の日経新聞1面で、IPS細胞を用いた再生医療や創薬の実用化に向けて、政府が安全基準を統一し、開発期間を短縮し、2年で承認することが成立する見通しだ。この再生医療に欠かせないのが、テクノクラスターのパルスインジェクター(PIJ)を使って、細胞培養チップの作製や抗体の固定化と抗原検出チップの作製、細胞、DNA,タンパク質などの各種溶液吐出などが可能になることで、実用化の目処がたってきた。