JMS(7702)【北米向け献血用回路が伸び、2期連続増益!】




JMS  [7702] 東証1部 時価:343円

JMS(7702)は、血液回路、透析装置、透析用針に強みをもつ使い捨て医療機器・材料の大手メーカーで、付加価値の高い新製品の開発と既存製品の増産を進めてグローバル展開のさらなる強化を推進している。今3月期は、国内においては人工腎臓用血液回路の需要が一服しそうだが、針刺し事故システムを備えた輸液・輸血セットが引き続き堅調に伸びそうだ。海外でも、東南アジアで北米向けの成分献血用回路が好調を持続し、国内外の3工場の生産能力増強や海外子会社の労務費上昇を吸収して、営業利益が31,7%増の21億円へ拡大する見込である。又、半導体レーザー技術を持つパイオニアに機器開発を委託し、人体への負担が少なく長時間計測可能な機器を14年に商品化する計画である。なお、為替想定レートは1ドル=95円、1ユーロ=120円で円安進行はプラスになる。株価は5月8日に461円の高値から調整しているが、BPSが603円もありPBR0,5倍台と出遅れており要注目。
2013/07/24 7:40