ピーエスシー(3649)【日本版EHR(電子健康記録)の実現に期待!】

ピーエスシー  [3649] 東証JQ部 時価:5,700円

ピーエスシー(3649)は医療システム・医療ネットワークソステム専門のソフトウェア開発集団として、「高い利便性、安全で安心」をキーワードに全く新しいスタイルの医療アプリケーションの開発を行っている企業です。大規模病院向け医療データマネジメントClaio(クライオ)や、C-Scan, DocuMakerなどの診療支援ソリューションを様々な規模の医療機関が導入している。特に収益性の高い医療用データ管理システムは、大学病院への浸透をテコに、自治体立病院への拡販が進んでいる。診療報酬プラス改定を追い風に中小病院、クリニックでも着実に増加傾向にある。近年、欧米ではEHR(電子健康記録)の実現に向けた取組みが活発化しており、わが国においても、政府の上方通信技術戦略である医療機関のIT化や、「どこでもMY病院」構想及び「シームレスな地域連携医療」の実現を始めとした、日本版EHRの実現に対する期待が高まっている。同社はその実現のために、ニュージーランド オークランドに本社を構えるOrion Health社の日本法人と業務提携を結び、Orion Health社の有するEHR関連製品及び導入ノウハウを得て、日本版EHRの実現に視する新たなシステムソリューションを展開していくことが出来るでしょう。このシステムの実現が同社を大きく飛躍させる基になるでしょう。
2013/07/24 7:40