新日本科学(2395)【IPSで世界初の臨床研究、8月1日開始!】


新日本科学  [2395] 東証1部 時価:1,395円

理化学研究所と先端医療センター病院は、人工多能性幹細胞(IPS細胞)を使って目の網膜を再生する臨床研究を8月1日から始めると発表した。IPS細胞を用いる臨床研究は世界初である。同社は、理化学研究所および日本網膜研究所とIPS細胞由来の網膜色素上皮細胞移植法の共同研究を行うことで合意しており、特に非臨床試験の分野において、これまで蓄積してきた豊富な実績と経験があるので、同社の果たす役割は益々大きくなるでしょう。また、6月10日に発行した新株予約権も7月30日で行使を完了した。今後は行使した株式の売却を進めるためには、行使価格(1320円)から考えてもっと株価が上昇してからと想像できる。いずれにせよ、世界で初めてのIPS細胞を使っての臨床がスタートすることは、日本の医学会にとって非常に大きな意味を持つことになる。
2013/07/31 7:35