シーシーエス(6669)【野菜プラント等の不採算事業から撤退!画像処理検査の新製品発売】



シーシーエス  [6669] 東証JQ部 時価:196,000円

シーシーエス(6669)はLED照明装置の専業であり、検査画像用光源など工業用で国内シェア5割弱、海外では約2割のシェアを握っている。これまでは電子・半導体への依存度が高く、今後は自動車や食品、太陽電池等の新分野向けを開拓している。自然光に近い発色で先行し、三菱化学と2010年に提携。「自然光」を武器に医療、顕微鏡、バイオなど高採算分野の開拓に傾注している。子会社の野菜プラント事業などから撤退し、主力の照明・検査事業に特化することにした。その成果として、電子基板検査など微細な画像処理検査に欠かせないマイクロレンズを開発し、高精度な寸法計測やパターン認識等に最適なテレセントルックレンズをオリジナル製品として新たに開発し、国内・海外同時に発売したことによって、業績の向上見込める。更に、同社株式をサン・クロレラとサン・クロレラ販売7,26%まで買い増ししていることも思惑を呼びそうだ。
2013/08/29 7:40