星光PMC(4963)【「セルロースナノファイバー」の将来性に期待!】


星光PMC  [4963] 東証1部 時価:488円

星光PMC(4963)の将来性に注目したい。同社は画期的ともいえる超軽量で高強度の「セルロースナノファイバー」を京都大学やNEDOなどと共同で開発した。セルロースナノファイバーは、全ての植物細胞壁の骨格成分で、植物繊維をナノサイズまで細かくほぐすることで得ることができ、特徴は、鋼鉄の5分の1の軽さで、鋼鉄の5倍以上の強さがあり、熱による変形がガラスの50分の1程度と非常に小さい、といった優れた特徴を備えている。たとえば、乗用車重量の約9%を占める樹脂部材を「セルロースナノファイバー強化樹脂」に変えるだけで、約20kgの軽量化が可能になるため、自動車の燃費向上に役立つ。今後、「セルロースナノファイバー」は自動車、家電、包装・容器などの幅広い分野での需要が見込まれる。しかも、製紙用パルプという植物由来の再生可能資源を使用するために地球に優しいということが言えます。竜ヶ崎工場にテストプラントを建設し、来春サンプル供給を開始し、2016年には第3の柱として本格的に事業化に踏み切ることから注目できる。
2013/09/05 7:50