KNT−CTホールディングス(9726)【業績改善し、東京オリンピック開催も効果的!】


KNT−CTホールディング  [9726] 東証1部 時価:153円

KNT−CTホールデイング(9726)は近畿日本鉄道(9041)系の旅行会社で、団体旅行の近畿日本ツーリスト、個人旅行の近畿日本ツーリスト個人旅行、メディア型旅行のクラブツーリズム(1月1日付けで株式交換制度を使って子会社化し経営統合)が3本柱。クラブツーリズムの統合により1月1日付けで持ち株会社体制に移行したが、業務改善、復配体制の整備と2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定したことにより注目できる。同社は20年東京オリンピック・パラリンピック招致オフィシャルパートナーとして招致活動を支援していた。13年12月期の営業利益は440億円(前期比87,6%増)、純利益は15億円(同16,1%増)の見通し。さらに中期経営計画では近畿日本ツーリストとクラブツーリズムの長所を生かしたシナジー効果の最大化を推進することで14年12月期は営業利益50億円、純利益24億円、15年12月期は営業利益58億円、純利益30億円、17年12月期は営業利益85億円、純利益50億円を狙う計画となっているが、東京オリンピック開催が決まったことで、旅行業界にとっては追い風となり、計画達成が早期に実現することが予想される。
2013/09/11 7:40