日本デジタル研究所(6935)【消費税増税の税務会計ソフト特需を先取り】

日本デジタル研究所  [6935] 東証1部 時価:1,115円

日本デジタル研究所(6935)は10月1日に安倍晋三総理が政治決断するとの観測が高まっている消費税増税を境に、株価が大きく人気化する可能性がでてきた。会計事務所を中核に全国の中小企業向けに提供している税務会計ソフトに特需が発生することが予想されるため。同社は、全国の中小企業向けに税務会計ソフトを提供、シェアを拡大する為「サイバー会計事務所」構想と「記帳業務革新」構想を推進し、この中核商品の5年保証型商品が好調に推移、さらにタブレットなどの携帯端末からのアクセス可能としたことから好業績が続いている。今3月期業績は、うりあげ335億円(前期比6%増)、経常利益59,5億円(同2%減)純利益36億円(同6%減)と予想しているが、2015年3月期の経常利益は63億円、純利益は38億円と過去最高並みの利益に戻る。株価は4月の高値1、316円から調整していたが950円近辺で底値を確認して出直り基調になっているので、押し目を待ち伏せ狙いで良いでしょう。
2013/09/18 7:35