ユーグレナ(2931)【バイオベンチャーの植物ハイテック研究所を子会社化!】


ユーグレナ  [2931] 東証マザーズ部 時価:1,647円

ユーグレナ(2931)は25日、植物ハイテック研究所の株式を取得し子会社化すると発表して再度人気化の兆しが出てきたので注目してみたい。植物ハイテック研究所は国立大学奈良先端科学技術大学院の教授8名を中心に設立された大学発バイオベンチャーで、植物の生産性向上の研究、葉緑体形質転換の研究などを行っており、今後も植物バイオ分野での研究開発が行われる予定としている。同大学の保有する植物バイオ分野の知的財産権を優先的に実施する権利を有したことで、ユーグレナ(ミドリムシ)の形質転換による光合成能力の向上や油脂生産性の向上、新たな有用物質の生産手法の確立に加え、同大学から生まれる発明の事業活用などの効果を見込んでいる。同大学はもともとノーベル賞を受賞した山中教授が在籍していた研究所でバイオ分野に強い研究所である。更には環境資源研究センター(2013年4月に発足した理化学研究所の戦略的研究センターと共同で28日には「ミドリムシと理研が地球を救う」と題して理化学研究所中央研究棟にてイベントを行うなど国内の先端科学技術との連携が進んでいることから、同社の今後の活躍が期待できる。9月18日には、内閣府特命担当大臣であり、経済再生担当大臣の甘利大臣が同社訪れて、ミドリムシからとったジェット燃料(精製したもの)などを見学したことは、ユーグレナ社が国家成長戦略に欠かせない注目企業であることの証しでもあることから注目出来る。
2013/09/30 7:40