デ・ウエスタン・セラピクス研究所(4576)【緑内障治療剤(K−115)の認可が間近!】


デ・ウエスタン・セラピクス研究所  [4576] 東証マザーズ部 時価:1089円

デ・ウエスタン・セラピクス研究所(4576)は三重大学発の創薬ベンチャーで、同社が開発し現在臨床開発を進めている開発品は、既存薬とは違う「世界初」のメカニズムを有することにより効果を発揮するものや、日本において治療薬が存在しない病気を対象としたものであり、「日本初」の非常に価値の高い薬を開発しております。特にプロテインキナーゼ阻害剤の開発を中心とした低分子の合成系医薬品の開発を目指すディスカバリー・ベンチャーです。現在、眼圧降下作用による緑内障治療剤「K−115」の開発において、国内第?相臨床試験は、2013年4月に終了し、試験結果の詳細な解析が進んでおり、近々にも認可が下りる可能性が高くなってきました。同開発品は、全世界の権利を興和株式会社にライセンスアウトしております。更に、新規緑内障治療剤「H−1129」も動物実験で有用性が確認されており、わかもと製薬にライセンスアウトして、今年から非臨床試験にはいる準備をしております。
2013/10/03 8:00